第1回

Cambodia

contest_Logo_common
表彰式
2014年1月19日(日)に、JICA地球ひろばの国際会議場にて「第一回 親子でチャレンジ国際理解!ちびっこおえかきコンテスト」の展示会・表彰式が行われました。
当日は園児を始め保護者の方々や園の先生方を中心に、170人の方々にご来場いただきました。
hukui01
hyosho_02
グッドネーバーズ・ジャパン 代表理事 福井玲の挨拶
hyosho_01
このコンテストは初めての試みですが、1330点もの作品が寄せられました。私も絵を拝見しましたが、どれも感動的な作品ばかりで新鮮でした。本当は全ての子どもたちに賞をあげたいくらいです。 このような機会を通じて、困難な環境で生きているお友達を助けることの大切さに気づいてもらい、子どもたちが大きくなった頃には、もっといい世界になっていることを願っています。
賞状と賞品の授与
入賞、佳作に選ばれた子どもたち一人ひとりに、特別審査員の中島史恵さんから賞状が手渡されました。

最優秀賞 よだ こうた くん(菅長学園)

優秀賞 すずき さくたろう くん(健爽学園ゆりかご幼稚園)

賞状をもって全員で一枚!皆さまのご協力のおかげで、和やかな雰囲気で式を終えることができました。
表彰された絵は、カンボジアのラチャナちゃんのもとへ届けられます。
参列した方の感想
当日のアンケートでは様々な感想やご意見をいただきました。
  • なかなか機会がないのでうれしかったです。とても楽しく親子でドキドキしました。
  • 親子でDVDを見て世界の広さや沢山の子どもたちがいることを映像で見て、息子が少し成長した気がします。
  • 保育園職員ですが家庭へお願いする中継役をしましたが親子で意識を持って取り組んでもらうことができました。DVDを一緒に見て考え、絵とメッセージでの共同作業をしてもらうことで親子の会話も膨らんだようです。園でもどんな場面を描いたのか話をし、世界の子どもたちに目を向けることができました。
  • 子どもたちは初めて途上国の子どもを見たのではないでしょうか。「何度もDVDを見ていました」という話を保護者から聞きました。このような機会を通じて学ぶこと、感じること、人を思いやることはとても大切なことだと思います。
  • 絵を通じて子どもが何を考えているのか、感じているのかを理解することの面白さに気づかされました。いい体験になりました。ありがとうございました。
  • 子どもの絵画にとどまらず、お母さんのメッセージも届けられて素晴らしかったので、次回も是非参加させてください。
ceremony_modified
label_contestList