第2回

Bangladesh

contest_Logo_common
label_copy

「ちびっこおえかきコンテスト」は保育園、幼稚園の先生方にお申込み、参加キットの配布、作品の回収をお願いしております。このコンテストを通して、子どもたちが「助け合いの大切さ」「発展途上国に住んでいる人の暮らし」を知り、広い視野をもつきっかけになればと考えています。お忙しい時期ではありますが、多くの保育園、幼稚園にご参加していただければ幸いです。
第二回はバングラデシュに住むシュミラニちゃんの生活をご紹介します。

label_outline
対象 全国の幼稚園、保育園に通っているお子さま(園単位でのお申し込みが原則となります)
参加費 無料(作品の送料はご負担くださいますようお願い申し上げます)
日程
参加申込締切
2014年11月17日(月)
作品応募締切
2014年11月30日(日)※必着
結果発表
2015年1月中旬
表彰式
2015年2月14日(土)
label_QA

一度ご提出いただいた作品はご返却できません。ご了承ください。

美術関係者及びグッドネーバーズ・ジャパンのスタッフが、下記審査基準に基づき公平な審査を行います。
①子どもらしい創造力が自由に発揮されている
②希望・夢にあふれた世界を表現できている

受賞者には、グッドネーバーズ・ジャパンから直接ご連絡いたします。2月14日(土)に行われる表彰式の詳細につきましても、当WEBサイト及び個別の通知にてご連絡いたします。

クレヨン、色鉛筆、絵具など、使用する画材は自由にお選びください。使用できる用紙は当団体が配布する参加キットのみになります。

「おえかき」はお子さまのみに描いていただき、ご家族には一緒にDVDを観る、シュミラニちゃんへのメッセージなど、「おえかき」以外でのご協力をお願いしております。

通常は園からのご参加となっておりますので、まずは園の方にご参加の意思をお伝えください。園での参加が難しい場合は、申込フォームからお申込み可能ですので、【施設名】の欄に「個人」とご記入ください。また、個人でのご参加の場合、送料をご負担いただいております。ご了承くださいませ。

label_jury_message
久保田 雅人
1989年4月から、NHK教育テレビの幼稚園・保育所向け造形番組「つくってあそぼ」に、「わくわくさん」役として出演
皆さんこんにちは、「わくわくさん」こと久保田雅人です。僕も今までたくさんの絵を描いてきました。絵を描くのって本当に楽しいよねえ。
絵具でもクレヨンでも色鉛筆でもなんでもいいよねえ。紙の上に思うように描くのが本当に楽しいんだなあ。みんなはどんな絵を描くのが好きですか。
描いた絵をみんなに見せたくなっちゃうんだな、これが。
僕もみんなの絵がみたいです。どんどん描いて応募してください。
藤崎 実
クリエイティブディレクター
まず映像を見る。そして親子で話をする。その時にお子さんのこころの中に、どんな気持ちが生まれるでしょうか。そしてどんな気持ちを伝えたいと思うでしょうか。絵は言葉を超えます。子どもたちが一生懸命描いた絵には、溢れる気持ちが込められていることでしょう。
絵を通じて、子どもたちのたくさんの優しさに出合えることを楽しみにしています。
栃原 敏子
現代美術アーティスト
日本は子どもの教育や人権が守られています。私たちはそれがあたりまえのように思っています。でも一歩外国に目をむけるとあたりまえでない事に気づかされます。日本の子どもたちが学校に行っているあいだ発展途上国のこどもたちは働いて家計を助けているのです。映像をごらんになっていろんな国の事を知りご家族で話し合って愛のメッセージを描いて送りましょう。
重政 啓治
武蔵野美術大学教授
昨年は、多くの楽しい作品に出合え、とてもうれしかったです。五感を使ってのびのび描かれた作品は、ことば以上のメッセージでした。今年も、どのような作品に会えるか楽しみにしています。
川村 久子
色彩心理士
「色はこころのことば」。絵や色にはことばにならなかった思いがちりばめられて見る人の心へちゃんと伝わって行きます。皆さんのステキな絵を見せて下さい。たくさんの絵に出合えることを楽しみに待っています。
内藤 敦子
日本放送協会 デザインセンター映像デザイン部
昨年度も審査員として参加させていただきましたが、たくさんの素晴らしい絵と出合うことができました。シュミラニちゃんを思って、のびのびと絵を描いてください。
どんな素晴らしい絵と出合えるのか、今からとても楽しみです!
label_impressions
  • なかなか機会がないのでうれしかったです。とても楽しく親子でドキドキしました。
  • 親子でDVDを見て世界の広さや沢山の子どもたちがいることを映像で見て、息子が少し成長した気がします。
  • 保育園職員ですが家庭へお願いする中継役をしましたが親子で意識を持って取り組んでもらうことができました。DVDを一緒に見て考え、絵とメッセージでの共同作業をしてもらうことで親子の会話も膨らんだようです。園でもどんな場面を描いたのか話をし世界の子どもたちに目を向けることができました。
  • 子どもたちは初めて途上国の子どもを見たのではないでしょうか。「何度もDVDを見ていました」という話を保護者から聞きました。このような機会を通じて学ぶこと、感じること、人を思いやることはとても大切なことだと思います。
  • 絵を通じて子供が何を考えているのか、感じているのかを理解することの面白さに気づかされました。いい体験になりました。ありがとうございました。
  • 子どもの絵画にとどまらず、お母さんのメッセージも届けられて素晴らしかったので、次回も是非参加させてください。
label_suporter

外務省

JICA(独立行政法人国際協力機構)

バングラデシュ人民共和国大使館

label_host
認定NPO法人
グッドネーバーズ・ジャパン
グッドネーバーズは、発展途上国における教育や医療、衛生、収入向上などを支援し、子どもや地域全体のサポートに取り組む国際NGOです。

公益財団法人
ベネッセこども基金
子どもたちが自ら学ぼう、伸びようとする力を十分に発揮できるよう、子どもたちを取り巻く社会的な課題の解決および多様な学びの機会の提供に取り組みます。
label_contestList