第5回

Philippines

contest_Logo_common
label_report
マークくんへ絵を届けました
「第五回 親子でチャレンジ国際理解!ちびっこおえかきコンテスト」では、全国の子どもたち1,840人から、DVDに登場するフィリピンのマークくんへ、思いのこもった絵が届きました。
グッドネーバーズ・ジャパンはその中から上位入賞者の10作品をマークくんへ届けました。その様子と、マークくんの近況をご報告します。

日本の子どもたちから届いた絵を前に、嬉しそうなマークくん

絵の裏側には保護者の方のメッセージが、翻訳して貼られています。受け取ったマークくんは驚きながらもとても喜び、「大切にします」と、日本のおともだちからの絵を嬉しそうに眺めていました。
マークくんからみんなへ

絵を受け取ったマークくんが、お返しに絵を描いてくれました。

日本の新しいお友達と一緒にバスケットボールで遊びたいと、カラフルなバスケットボールが描かれています。また、大人になったらフィリピンへ招待して、マークくんが運転する車で町を案内したい、と二台の車の絵も描いてくれました。

バスケットボールと車の絵を描いてくれました

絵の下には、タガログ語で「ありがとう、ぼくのおともだち」と書いてあります

マークくんの近況
現在、10歳になったマークくんはグッドネーバーズの支援を受けて小学校1年生として学校に通い始めました。担任の先生は、「マークは優しい子で、意欲的に学んでいます」と話しています。
マークくんの母親はグッドネーバーズの支援で、養豚の技術研修に参加したり日用品のお店を開業したりして、子どもたちを育てるために前向きに頑張っています。

お母さんが開業支援を受けた日用品のお店の前で

お友達と通学するマークくん

コンテストに参加してくださった皆様へ
このような変化は、グッドネーバーズの活動を支援してくれる方がいて初めて可能になるものです。国際協力と一言にいっても、お金や物品の寄付をする、イベントに参加する、ボランティアとしてお手伝いをする、など関わり方は様々です。
途上国にいる子どもたちに思いを寄せ、私たち一人ひとりにできることを考える。おえかきコンテストがそのきっかけとなることを願っています。

大好きなお母さんと

label_contestList