contest_Logo_common
【第六回】結果発表 応募総数2,083点

2018年10月より実施している「第六回親子でチャレンジ国際理解!ちびっこおえかきコンテスト」には全国から113園が参加し、計2,083作品が寄せられました。2019年1月12日に実施した審査会の結果、最優秀賞1作品、優秀賞2作品、審査員賞3作品、企業賞2作品、GNJP賞1作品、ベネッセこども基金賞1作品、団体賞1園、佳作40作品が選出されました。

選考結果・表彰式のお知らせはこちらからご覧いただけます。

 

審査会の様子

審査員を務めた(左から)藤崎先生、わたなべ先生、花原先生

 

今回のDVDの主人公、アグネスちゃんは6歳と年齢が近いこともあり、彼女を身近に感じる一方、日本での生活の違いに驚いたお子様も多かったのではないかと思います。
作品はアグネスちゃんが大人になって看護師になり、お父さんの失われた腕を治してあげる絵などやさしさあふれる作品が多くみられ、保護者のコメントからも親子で一緒に「何の絵を描いたら応援できるかな」と考え取り組んでくれた様子が伝わってきました。

 

審査会の様子 審査会の様子

 

今回は過去最高の2000枚を超える作品が集まり、どれも気持ちのこもった素晴らしい作品ばかりでしたが、審査員3名が全ての作品に目を通し、以下の選考基準をもとに入賞作品を選考しました。



【審査基準】
① 発展途上国に暮らす子どもへの想いや応援の気持ちが伝わる
② 子どもらしい創造力が発揮されている
③ 夢や希望が感じられる絵である

 

受賞者・園のみなさまには、2月23日に行われる表彰式のご案内を、1月23日前後に郵送しております。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました。