第6回

Uganda

contest_Logo_common
> 表彰式comming soon
> ご報告comming soon
label_ThankYou
応募総数2,083点。ご参加ありがとうございました。
『第六回親子でチャレンジ国際理解!ちびっこおえかきコンテスト』には、2,083点もの作品が寄せられました。2019年1月12日に実施した審査会の結果、最優秀賞1作品、優秀賞2作品、審査員賞3作品、企業賞2作品、GNJP賞1作品、ベネッセこども基金賞1作品、団体賞1園、佳作40作品が選出されました。
label_awardees

認定こども園松山聖ルカ幼稚園 かしま そうすけさん (6才)

審査員コメント
そうすけくんの夢の実現とアグネスちゃんの夢の実現、お父さんの腕が治ること。みんながハッピーになる未来を描いている素敵な絵だと思いました。 自分の好きなものをいきいきと描いています。(藤崎)
お父さんが真ん中で、アグネスちゃんとそうすけくんが支えている絵。そして星と虹から、希望と夢が読み取れます。 なぜお寿司屋さんになりたいか表彰式で会えたら聞かなくちゃ!職人さんの姿に憧れがあるのかな?(花原)
そうすけくんがお寿司やさんになりたいという夢を持っているから、アグネスちゃんの夢も応援してあげられるんだなと思いました。 それぞれの制服や体温計や聴診器など、細かい小道具もよく描けています。 夢が叶うと、みんなが笑顔になるのが素敵です。(わたなべ)
保護者様からのメッセージ
そうすけはアグネスちゃんが将来看護師さんになって、パパの腕を治した絵をかきました。絵をかきながら、うでが早く治るといいねと言っていたよ。そうすけの将来の夢はお寿司屋さんだから、いつかアグネスちゃんとパパにも食べさせてあげたいと言っているよ。アグネスちゃんの夢がかないますように。

清原保育園

いのうえ なゆさん (6才)

審査員コメント
気持ちが温かくなる絵です。 なゆちゃんの絵を描いた後に、保護者の方がなゆちゃんの感じたことをきちんと受け止めてコメントを書いていますね。アグネスちゃんに届いたら嬉しいと思います。(花原)
なゆちゃんは、アグネスちゃんの看護師になる夢が叶ったら、お父さんの手が治って両方の手で大きく抱きしめてもらえるから、そうなるといいね、という気持ちを表したんだと思います。お父さんの腕がとても長く、どんなに大きな愛で抱きしめるのだろう。アグネスちゃんのニコニコ笑顔と万歳している様子も素敵です。(わたなべ)
保護者様からのメッセージ
アグネスちゃんがお父さんの腕を治して、最終的に両手でぎゅーっと抱っこしてもらっている絵を描きました。お皿を洗ったり、自分のことは自分でやるのはもちろん、家族のためにはたらくアグネスちゃんはきっと夢をかなえられると思います。アグネスちゃんの夢はお父さんの夢でもあると思います。

静岡学園幼稚園

すどう さきさん (5才)

審査員コメント
僕がこの絵をすごく好きなのは、とにかく抱きしめたいという気持ちが先行していて、人間の関節とかを無視してぐるぐる巻いているところ。泣いちゃっているところに抱きしめたいという気持ちが表れています。 描いた後にハートを足したのかな?結果的にいいバランスの絵です。(藤崎)
この絵を見ると心がぎゅっと締め付けられる気持ちになります。 ほっぺとほっぺがくっついて体と体も寄せ合って、そしてお互いの手がそれを包みこんでいます。抱きしめる手をどうしても描きたかったということが、何度も消している消しゴムの跡からわかります。気持ちが伝わる大好きな絵です。(わたなべ)
保護者様からのメッセージ
アグネスちゃん、大丈夫だよ。娘のさきはあなたの話を聞いてぎゅってだきしめてはげましとおうえんがしたいと絵を描きました。だいすきだよアグネスちゃん。頑張って夢を叶えてね!

伊奈ゆたか保育園

たんの れんたろうさん (5才)

審査員コメント
れんたろうくんの絵を選んだ理由は、真ん中にアグネスちゃんがいて、将来の夢が叶うように周りにカラフルなものが散らばっているところが良いと思ったから。右の方には桜の木もある。応援している気持ちが良く伝わる絵です。(花原)
保護者様からのメッセージ
アグネスちゃんが学校に行って看護師さんになる夢がかなうように、虹と日本の桜を描きました。

和光園保育所

はらだ たいしろうさん (5才)

審査員コメント
注射器から虹が出てまさに腕がよみがえろうとしています。アグネスちゃんとお父さんの幸せな未来を願う、たいしろうくんの優しい気持ちが表れていると思い関心しました。 アグネスちゃんからハートが出ているのも、お父さんに治ってほしいという気持ちを代弁していると思います。 白衣や、ディテールもうまく描かれていて、色使いもいい。心が洗われ、また心温まる絵です。(藤崎)
保護者様からのメッセージ
アグネスちゃんの優しい心を、虹を描いて表現したようです。アグネスちゃんの優しい心が私にも子供にも伝わりました。つらい事もあると思うけど一緒にがんばろう!!

学校法人アゼリー学園 江戸川幼稚園

なかがわ みほさん (6才)

審査員コメント
お父さんは片腕だけど岩を砕く仕事をしていて、汗が一滴でています。お母さんが生まれたばかりの赤ちゃんのお世話をしていたり、家の様子など、難しかったと思いますがDVDをすごく一生懸命観て描いてくれたのだと思いました。 家にPCがおいてあったのが、現代っ子らしくて笑ってしまいました。アグネスちゃんが夢を叶えるために勉強できるようにしてくれたんですね!(わたなべ)
保護者様からのメッセージ
アグネスちゃんのビデオを観たあとに、アグネスちゃんの生活や家族について、娘の美穂と話しました。「みほと同じ四人家族だね」「みほも妹がいるから、お姉ちゃんで一緒だね」と、自分との共通点を見つけようとしていましたよ。この絵は、毎日家族のために頑張ってくれているお父さんを仲良く「見つめている(応援している)」ところだそうです。家の中にある色彩豊かな絵は、「アグネスちゃんが夢を叶えるためにお勉強したいから」と描いたパソコンです。 ※パパの顔にある滴のようなものは、涙ではなく、家族のために一生懸命仕事をしているので汗をかいているとのことでした。

静岡学園幼稚園

うるしばた さやかさん (5才)

審査員コメント
描かれているアグネスちゃんの肌の色や洋服の柄から、さやかちゃんがアグネスちゃんのことをしっかり見ていたんだなということが伝わってきました。 お花畑の中でアグネスちゃんが両手を広げて楽しそうにしている様子が幸せな絵だと感じました。 また、さやかちゃんがアグネスちゃんに喜んでもらいたいと思って描いているのが伝わりました。(松下徽章株式会社 松下さん)
保護者様からのメッセージ
アグネスちゃんに楽しいことがたくさんありますように!

菅長学園

ふかくし いすずさん (6才)

審査員コメント
アグネスちゃんと同じ看護婦さんになるのが夢ということで、一緒にお父さんの腕を治したいという気持ちと、治った時の嬉しさが伝わってきました。(ミドリムシ不動産 宮原さん)
2人の夢が叶って幸せそうなパーティをしている様子が絵から伝わって思わず微笑んでしまいました。(株式会社山長商店 迫平さん)
保護者様からのメッセージ
アグネスちゃん、こんにちは。いすずの将来の夢はアグネスちゃんと同じ看護師さんです。ふたりが看護師さんになってアグネスちゃんのお父さんの腕を治してあげたお祝いのパーティの絵を描きましたよ。こうなったらアグネスちゃんが喜ぶかなというのをたくさん考えて絵にしたようです。アグネスちゃんが笑顔になりますように。

菅長学園

みつはし ゆもとさん (6才)

審査員コメント
最初はグリーンからオレンジのきれいなくすみのある絵の具のグラデーションに目が止まりました。太陽をいっぱい描くというのは、「太陽は一つ」という常識に囚われがちな大人には描けない!ですよね。メッセージのゆもとくんとご家族の会話から、このコンテストのテーマである、お子さんが「世界に触れるきっかけ」となったことが読み取れ、嬉しく思いました。(GNJP 飯島)
保護者様からのメッセージ
「太陽いっぱい描いて思いを届ける!」「お父さんにも元気になってもらう。手が一つしかなくても一生懸命仕事している」「アグネスちゃんに気持ちを本当に届ける!!」 息子が描きながら私のところに来て一言一言、言ってきました。こんなにも心をこめて描いた絵は初めてです。アグネスちゃんのご家族、アグネスちゃんの夢に太陽パワーがたぁくさん降り注ぎますように。

長崎県内幼稚園

はまさき りんたろうさん (4才)

審査員コメント
のびのびとした線でアグネスちゃんの顔を描いてくれて、もしかしたら、ふたつの大きな手は、アグネスちゃんを抱きしめようとしているお父さんの手かな?と想像しました。 保護者の方と一緒にDVDを見て、アグネスちゃんのことを一生懸命に考えてくれたことが伝わってきました。 コンテストをきっかけにご家庭での学びが深まったとしたらとても嬉しいです。(ベネッセこども基金 龍)
保護者様からのメッセージ
子供と一緒にDVDを観ました。子供からアグネスちゃんがおかれている環境に対して「何で?」「どうして?」等の質問もあり戸惑うこともありましたが、子供たちと一緒に何が出来るのかを考えることが出来ました。

清原保育園

清原保育園の皆様からは、合計50作品が寄せられ、提出率が100%でした。それぞれの画材を使った個性豊かな絵から、また、すべての保護者様がコメントを書いてくれたところからも、各家庭で家族でしっかり取り組んでくださったことや園の先生方のコンテストへの理解の深さが伝わりました。

旭はるかぜ保育園

うちだ のぞみさん (6才)

社会福祉法人豊潤会かしま台保育園

あおと かんなさん (4才)

川辺町立川辺町第1こども園

さこう ゆうなさん (6才)

学校法人山縣学園 北山幼稚園

こぎた ももさん (5才)

清原保育園

やまうち ゆいなさん (6才)

きりん保育園

ひがし りおなさん (4才)

神戸大学附属幼稚園

なかむら ゆきさん (5才)

神戸大学附属幼稚園

やすだ のりひろさん (5才)

神戸大学附属幼稚園

やすむら ありせさん (6才)

認定こども園光明台幼稚園

かいぶち みなみさん (5才)

こどものいえ認定こども園

いしかわ ちさとさん (6才)

認定こども園さくらが丘

きうち りおさん (6才)

学校法人さつき学園認定こども園さつき幼稚園

やまだ りのあさん (4才)

サンタ・セシリア幼稚園

はせがわ みくさん (5才)

菅長学園

おおぬま りょうさん (6才)

菅長学園

ふじい けんせいさん (4才)

菅長学園

まつお さらさん (6才)

スマイルキッズインターナショナル

ふじむら ひかりさん (5才)

セブンシーズインターナショナルスクール福岡校

かねみつ あおいさん (6才)

セブンシーズインターナショナルスクール福岡校

たけざわ けいとさん (4才)

茅ヶ崎こども園

おおがき そうたさん (6才)

つくば国際短期大学附属幼稚園

みつかわ ひまりさん (3才)

東武保育園

おかもと きゆさん (6才)

ナーサリー富田幼児園

ふじした さあやさん (6才)

ナーサリー富田幼児園

わたなべ ゆうとさん (5才)

三春町立中郷幼稚園

かげやま ゆいかさん (6才)

中野りとるぱんぷきんず

なかじょう れいかさん (6才)

佐賀県内保育園

あべ はるきさん (5才)

日生永福町駅前保育園ひびき

こやま とうこさん (4才)

日生新船橋保育園ひびき

いまや あんりさん (5才)

平和幼稚園

たきはら ゆきさん (4才)

認定こども園松山聖ルカ幼稚園

あらい なのはさん (5才)

認定こども園松山聖ルカ幼稚園

かわもと ゆづきさん (5才)

認定こども園松山聖ルカ幼稚園

さど ゆうなさん (6才)

認定こども園松山聖ルカ幼稚園

といだ ももかさん (4才)

認定こども園松山聖ルカ幼稚園

もりやま かれんさん (4才)

認定こども園松山聖ルカ幼稚園

よしの そうまさん (6才)

みつばちこども園

もり まひろさん (5才)

吉田学園くりの木保育園

おかざき ひよりさん (6才)

若葉保育園

たなか はるひとさん (6才)

label_jury_message
藤崎 実
東京工科大学メディア学部 専任講師
今回の特徴は物語性を感じる絵が多かった点です。子どもたちはきっとアグネスちゃんと対話しながら絵を描いたのでしょう。
将来は夢がかなうといいよね。少しでも暮らしが良くなるといいよね。こんな未来がやってくるといいよね。
絵を描くことは、将来や未来を夢見ることだと、改めて教えてもらいました。
保護者のみなさんも、お子さんがどんな絵を書いたか、いろいろ聞いてあげてください。
きっと目を輝かせて教えてくれると思います。
花原 幹夫
白梅学園短期大学 教授
子どもたちの絵からは、子どもたちと保護者の方々がお互いに信頼し合いながら、聴き合いながら、素敵な「対話」をしている様子が浮かんできました。
同時に、多様な人々が多様に暮らしながら、助け合うことの大事さを教えてもらいました。
そして、一人ひとりの子ども達の感性と表現が豊かで、多様で、それぞれ違ってよいということを改めて感じました。
わたなべ もも
作家(作詞・おはなし)
子どもたちの絵から本当に優しい気持ちが溢れていて、それがすごく伝わってきて審査に悩みました。
おうちの方からのコメントも素晴らしく、いつも読むのを楽しみにしています。例えば、今回のDVDを見てアグネスちゃんの夢が叶うように「祈る」ということの意味を子どもが本当に理解することができたと思う、というコメントがありました。また、ある3歳の子は、「アグネスちゃんは一度も遊んでいないね。」ということに気が付いた、というコメントもありました。おうちの方といろんな話をしながら絵を描く、その時間はとても貴重でかけがえのないものです。
これからもアグネスちゃんの夢を応援してください。そして、みなさんの自分の夢もどうか叶えてください。
img_OFFSTAGE-L
label_OFFSTAGE
今回のDVDの主人公、アグネスちゃんは6歳と年齢が近いこともあり、彼女を身近に感じる一方、日本での生活の違いに驚いたお子様も多かったのではないかと思います。
作品はアグネスちゃんが大人になって看護師になり、お父さんの失われた腕を治してあげる絵などやさしさあふれる作品が多くみられ、保護者のコメントからも親子で一緒に「何の絵を描いたら応援できるかな」と考え取り組んでくれた様子が伝わってきました。
今回は過去最高の2000枚を超える作品が集まりましたが、審査員3名が全ての作品に目を通し、入賞作品を選考しました。
img_OFFSTAGE-R
label_CEREMONY
以下の日程で表彰式を行います。
入賞・佳作の作品の展示も合わせて行いますので、是非お越しください。
日時 2019年2月23日(土) 14:00~15:30(13:00受付開始)
場所 ベネッセコーポレーション多摩オフィス(受付 2F)
〒206-8686 東京都多摩市落合1-34
アクセス 京王相模原線「京王多摩センター」 徒歩5分
小田急多摩線「小田急多摩センター」 徒歩5分
多摩モノレール「多摩センター」 徒歩6分
*駅直結の遊歩道をご利用いただくと便利です。
入賞されたご家庭、園には表彰式のご案内をお送りしています。ご出席の可否を同封のハガキにて2月8日(金)までにご連絡ください。
お問い合わせ:
電話 
(2019年1月19日まで) 04-7137-2570 「ちびっこおえかきコンテスト」事務局
(2019年1月20日以降) 0120-916-010 (グッドネーバーズ・ジャパン 音声ガイダンス4番 おえかきコンテスト)
メール event@gnjp.org (担当:飯島)
label_contestList