第7回

Bangladesh

contest_Logo_common
> 表彰式comming soon
> ご報告comming soon
label_ThankYou
応募総数1,949点。ご参加ありがとうございました。
『第七回親子でチャレンジ国際理解!ちびっこおえかきコンテスト』には、1,949点もの作品が寄せられました。2020年1月11日に実施した審査会の結果、最優秀賞1作品、優秀賞2作品、審査員賞3作品、企業賞2作品、GNJP賞1作品、ベネッセこども基金賞1作品、団体賞1園、佳作40作品が選出されました。
label_awardees

むつぎ幼稚園 おおひろ ゆずさん (5才)

審査員コメント
雨を先に描いたけど、虹をかけて絵を晴れさせたんですね。そこから、ゆったりと考えながら絵を描いている親子の時間を感じられました。(花原)
この絵を完成していく過程が保護者のコメントに書かれていたのが印象的でした。雨の絵を描いている途中で、お子さんがてるてる坊主を作ったんだそうです。雨が止むようにと。そして、絵にもてるてる坊主を描き加えました。そのように想いを行動にして、またその行動を絵に落とし込んでいるところに、子どもの優しい気持ちが現れていました。想いを届けたい気持ちと行為が一致しているのが良いですね。(藤崎)
最初に雨を描いたけど、雨が止むようにてるてる坊主を作り、絵に描き足しました。さらに虹やハート、星などわくわくするものを追加して、気持ちに沿って時間をかけて絵を重ねていったのですね。どんどん物語が広がっていく様子が分かりました。(わたなべ)
保護者様からのメッセージ
雨降りの絵を描いていた娘が、ふと何かを取りに行ったと思ったら、「サンジダちゃんに。」と、ティッシュペーパーでてるてる坊主を作って戻ってきました。絵にもてるてる坊主を書き入れ、次いで虹やハートや星など、サンジダちゃんが笑顔になれそうな娘なりのプレゼントを書き入れていました。サンジダちゃんが笑顔で夢に向かって進めますように。日本から応援しています。

静岡学園幼稚園

いまむら さつきさん (6才)

審査員コメント
コメントも自分自身で書いていますね。壁の色を強く感じて、それをしっかり描いていますね。サンジタちゃんの表情や動きを一生懸命えがいてくれたのが伝わってきます。(花原)
サンジダちゃんが着ていた服の柄とよく似た包装紙を見つけて貼ったのはアイデア賞ですね。サンジダちゃんの表情や動きがとても良いです。(藤崎)
時間をかけて描いたことがとても伝わってきます。自分でサンジダちゃんへのメッセージを書いて、それが伝わるように一生懸命書いたんですね。サンジダちゃんへの想いがとても伝わってくる絵です。(わたなべ)
保護者様からのメッセージ
おともだちになりたいよ。いつかいっしょにあそぼう。さんじだちゃんをおお(え)んしてるよ。いっしょにゆめをかなえようね。 学校でいっぱい勉強して、夢をかなえられるといいなと思います。親子で応援しています。

菅長学園

なかむら ゆうたさん (5才)

審査員コメント
サンジダちゃんが大人になって先生になる、という人生の計画を、保護者との会話を通して考え、想いを1枚の絵に表現したことが伝わってきました。(花原)
8歳から12歳、22歳という将来を、段階的に描くという発想がすばらしいです。サンジダちゃんの将来を、おうちの方と時間をかけて話して絵を描き上げたんですね。(藤崎)
人生を、モノレールと駅で表現しているのがすごい。モノレールの中に天国のお父さんとおじいちゃんとヤギたちが乗っていて、発想が面白いと思いました。子ども一人では浮かばないかもしれない発想ですが、サンジダちゃんの将来について親子で一緒に話し合って描いたことが伝わってきました。(わたなべ)
保護者様からのメッセージ
「サンジダちゃん、もうすぐ虹がでるよ!!」「やりたいこと全部出来るよ!」「喜んでもらえたらいいな」と願いをこめて一生懸命描きました。なかなか5歳の息子にはサンジダちゃんの置かれた状況を理解することが難しかったのですが、サンジダちゃんのこれからの未来について、そして自分の未来について何度も時間をかけて話し合いました。12歳で友達と中学校へ行き、22歳で先生になるサンジダちゃん。この絵を見て、イメージが湧いて笑顔になれますように。夢が叶います様に。息子の夢はモノレールの運転士です。この絵のモノレールの乗客は、おじいちゃん、お父さん、ヤギさんだそうです。

サンタ・セシリア幼稚園

いずみ しをかさん (5才)

審査員コメント
サンジダちゃんに「今度うちに遊びに来てね」という発想がよいと思いました。自分の家族やペット、家の中にある物や、ちょうちょなどのいろんな生き物を描いていて、サンジダちゃんと一緒に楽しく遊びたいという希望がよく表現できています。マス目に1つずつ大事なものを描きこんでいるのが素敵です。 (花原)
保護者様からのメッセージ
「サンジダちゃん今度私のおうちに来てね」とおうちの絵を描きました。サンジダちゃんは絵を描くのが上手でびっくりしました。きっとすてきな先生になれるね。日本で応援しています。

海の星カトリック幼稚園

やまなか れなさん (6才)

審査員コメント
サンジダちゃんに自分のお友達をたくさん紹介して、学校に行くとこんなにお友達ができてとても楽しいよ、と伝えたいという想いや表現が素敵だなと思いました。サンジダちゃんが学校に行けるようになるといいなという想いが伝わってきました。(藤崎)
保護者様からのメッセージ
よおちえわ。ともだちがいっぱいできるよ♡ DVDを家族でみて、環境や家の事情で学校に行きたくてもいけないこともあるんだね、というお話をしました。娘は幼稚園はともだちがたくさんできるから楽しいところだと伝えたかったそうです。サンジダちゃんが家のおてつだいをしておじいさんと助け合って生活していること、お父さんは天国からみてくれていると思います。サンジダちゃんが学校にいけるよう日本からみんなで応援します。

姫路市立城西幼稚園

いわき なつさん (6才)

審査員コメント
サンジダちゃんの夢が叶って学校の先生になった場面を、教室の上からのアングルで描いているところと、生徒たちが一生懸命勉強している様子を鉛筆や筆箱など細部まで描かれていたところに、ぐぐっと引き込まれました。保護者のコメント欄に、おじいちゃんと天国のお父さんが窓からサンジダちゃんの姿がこっそりと見られるように窓を描いて姿は描かなかったと書いてあり、温かい気持ちがこもった作品だなと思いました。黒板に山・木と書いているのは覚えたての漢字なのかな?表彰式でぜひ聞いてみたいです。(わたなべ)
保護者様からのメッセージ
この絵は、サンジダちゃんが学校の先生になって子ども達に勉強を教えているところです。「サンジダちゃんの夢がかなうといいな」という願いを込めて描いたそうです。この絵を描いたなつという女の子も来年の4月からは小学1年生です。サンジダちゃんも、もう一度学校に通えるようになって、たくさんの友達を作って、いっぱい勉強したり遊んだりできるようになることを願います。この絵の両端にある窓は、お仕事中のおじいちゃんや天国のお父さんからもサンジダちゃんの先生になった姿が見えるようにという想いで描いたそうです。

暁の星幼稚園

はらだ かのさん (5才)

審査員コメント
「この元気の良い作品からは、かのさんのサンジダちゃんへの温かく、未来を応援する気持ちがとてもよく伝わってきました。また、この作品でサンジダちゃんに、夢に向かう明るい未来が伝わってほしいとも感じました。さらに一緒に取り組んだご家族の方にも娘さんの新しい一面や熱く強い想いが伝わっており、とても良い経験・作品だと思います。」(松下徽章株式会社 松下さん)
「見た瞬間に幸せを感じる雰囲気と色使いに心癒されました。サンジダちゃんの夢が叶った幸せがよく伝わってきます。」(株式会社山長商店 迫平さん)
保護者様からのメッセージ
絵を描き始めるまでに、こんなにも時間がかかった娘を初めて見ました。どんな絵を描いたら喜んでもらえるか…悩む姿と、描き始めたときの姿をみて、サンジダちゃんに気持ちを届けたいという娘の強い意志を感じました。この絵は、サンジダちゃんが学校の先生になるという夢を叶え、娘がサンジダ先生やその生徒たちにピアノの演奏をプレゼントする絵だそうです。未来を生きるあなたたちの夢が、つぶされませんように。そして、この絵のように笑顔がつながっていきますように。

神戸大学附属幼稚園

なかむら ゆきさん (6才)

審査員コメント
国旗の形が同じということに気がつき、サンジダちゃんの夢が叶うようにと動物たちと国旗を持って応援している様子がすごくよく描かれていました。そうしてその動物も含めたみんなが楽しそうにしている感じがとても良かったので選ばせていただきました。(株式会社千葉工務店 千葉さん)
国旗から他の国に親しみを感じて、夢ある未来を二つの国旗を持って応援している優しい気持ち。また自分も一緒に夢を叶えようとする想いが伝わってきました。(株式会社大丸建設 安田さん)
保護者様からのメッセージ
バングラデシュと日本の国旗を見て「色は違うけど同じ形だ!」と気付き、サンジダちゃんの学校の先生になる夢を、大好きな動物達と一緒に両国の国旗を振って応援する絵を描きました。有希の夢は獣医さんになる事です。サンジダちゃんの夢が叶いますように遠い国から祈っています。未来に向けて一緒に頑張りましょう。

菅長学園

うえやま さわこさん (5才)

審査員コメント
サンジダちゃんの隣にアグネスちゃん(去年このコンテストで絵を描いてもらった子)も描いてくれました。今年のDVDを見て去年のアグネスちゃんのことも思い出してくれことが、とてもうれしかったです。サンジダちゃんもアグネスちゃんのように支援を受けて学校に行けるようになるといいですね。ウガンダのアグネスちゃんとバングラデシュのサンジダちゃんが手を繋いでいるように、世界中の子どもたちが国を超えて繋がり、友達になれる日がきっと来ると思います。明るい未来を描いてくれてありがとう。 (GNJP 細川)
保護者様からのメッセージ
紗和子はサンジダちゃんがキレイな新しいおうちにおじいちゃんと住んで、お友達と楽しく遊んでいるサンジダちゃんをイメージしてこの絵を描きました。勉強中のひらがな、カタカナを使ってお名前も書きました。サンジダちゃんも学校へ行ってたくさんのことを学べるようになりますように!

NPO法人ぽっけのおへや

しむら ゆうさん (3才)

審査員コメント
たくさんの雨粒を紙面いっぱいに描いてくれました。雨の多いバングラデシュ。サンジダちゃんがじっと雨をみつめながら、お父さんのことや将来のことを考える様子が、ゆうさんの心に残ったのではないかと思います。ゆうさんがDVDを一生懸命見てくれたことが伝わってきました。ゆうさんの絵のように、雨の中でも、楽しい気持ちで、たくさんのお友達といっしょに遊んだり、勉強できたりするといいですね。希望があふれる絵をありがとうございます! (ベネッセこども基金 小松)
保護者様からのメッセージ
「サンジダちゃんとゆうちゃんとおともだち。それと、あめがいっぱいふってるの。がんばって!」素敵な学校の先生になってください!!応援しています!!

菅長学園

第1回から毎回ご参加いただいている菅長学園の子どもたちの作品は、それぞれの絵がとても個性豊かでのびのびとしています。そして作品から、先生方が保育の中で子どもたちひとりひとりの個性を大切にし、絵を通して表現することを大切にされていることがわかります。菅長学園のお子様の作品が毎年上位に入賞していること、保護者様の温かいメッセージからも、DVDに登場する子どもへの思いやりの深さが伝わりました。

認定こども園愛宕幼稚園

かわの ことこさん(6才)

五ヶ丘大和幼稚園

あおやぎ けんいちさん(6才)

岩崎学園東戸塚保育園

ひだか いつきさん(6才)

UI International Preschool

すとう めいさん(5才)

歌ヶ浦青い実幼児園

うちやまだ たいせいさん(6才)

歌ヶ浦青い実幼児園

はまさき りんたろうさん(5才)

エンゼルガーデン幼稚園

おき りんかさん(5才)

エンゼルガーデン幼稚園

たていし けいすけさん(6才)

大倉山元気の泉保育園

さいとう うたさん(5才)

大倉山元気の泉保育園

つだ しんぺいさん(5才)

かしま台保育園

くわじま めいさん(6才)

川合新田保育園

つかだ みわさん(6才)

認定こども園健爽学園ゆりかご幼稚園

たなか えみりさん(3才)

認定こども園健爽学園ゆりかご幼稚園

わたなべ るなさん(3才)

こひつじ保育園

こん こたろうさん(6才)

こひつじ保育園

たかすが ゆりさん(6才)

五百羅漢保育園

まつお えみかさん(3才)

認定こども園さくらが丘

ながお ひまりさん(3才)

静岡学園幼稚園

うるしばた さなさん(4才)

菅長学園

いとう けいすけさん(6才)

菅長学園

いわき しゅんたろうさん(5才)

菅長学園

かわなべ かこりさん(6才)

菅長学園

きたざわ ゆいなさん(5才)

菅長学園

くりた ゆきあさん(4才)

菅長学園

なかみつ ゆうすけさん(5才)

スマイルキッズインターナショナル

こぬま すずねさん(6才)

SEVENSEAS INTERNATIONAL SCHOOL

なかむら ゆうこさん(6才)

ナーサリー富田幼児園

おおぬま めいさん(6才)

ナーサリー富田幼児園

たくわ みおさん(5才)

菱野幼稚園

すずき りみさん(6才)

ピュアイングリッシュキンダーガーテン

あらい りおさん(6才)

学校法人平安学園平安幼稚園

なかむら まさなるさん(6才)

学校法人平安学園平安幼稚園

なかむら まさよりさん(6才)

認定こども園松山聖ルカ幼稚園

かとう じゅんいちろうさん(6才)

認定こども園松山聖ルカ幼稚園

よしむら しゅうとさん(5才)

マリアンインターナショナルスクール

ながや はやかさん(5才)

山の手学園平和幼稚園

おがわ さくらこさん(4才)

山の手学園平和幼稚園

こにし こうきさん(6才)

山の手学園平和幼稚園

こにし ゆづきさん(4才)

YAMAMOTO絵画教室

みねお ももねさん(5才)

label_jury_message
花原 幹夫
白梅学園短期大学 教授
今年もとても楽しませてもらい、子どもたちの独特な感性と表現を感じることができました。
子どもたちはイマジネーション、創造力を豊かに持っているな、サンジダちゃんへの希望、願いがあふれているなと感じました。
そして親子の自然なやりとりや会話によって描かれていることが伝わってきました。
藤崎 実
東京工科大学メディア学部 専任講師
お父さんが亡くなっているということもあり、今年のDVDの映像は絵を描くためのサンジダちゃんの情報や手掛かりが少なかった印象でした。しかし、そのなかでもサンジダちゃんを想い、天国のお父さんが見守ってくれているよ、ということを描いていたので心が洗われる思いがしました。
情報が少ない分、子どもたちが創造力をふくらませてサンジダちゃんの未来が明るくなるようにとの想いがつまった絵がたくさんありました。
わたなべ もも
作家(作詞・おはなし)
DVDを観た印象は暗いイメージだったので、審査会に来るまでは、子どもたちがどのような絵を描いてくれるのかと少し心配に思っていました。
しかし、実際はとてもカラフルな作品が多かったです。虹を書いたり、お花畑があったりと、希望を感じる絵が多かったです。
img_OFFSTAGE-L
label_OFFSTAGE
今回のDVDの主人公、サンジダちゃんはお父さんを亡くしてから学校に行くことができず、おじいちゃんと2人で暮らしています。その様子を見て、日本で幼稚園や保育園に通っている自分の生活との違いに驚いたお子様も多かったのではないかと思います。
作品は、サンジダちゃんと絵を描いてくれたお子様自身が手をつないで並んでいるもの、サンジダちゃんが夢をかなえて学校の先生になったところ、また亡くなったお父さんが空の上から見守ってくれている絵など優しさにあふれ、またサンジダちゃんへの応援の気持ちが伝わるものが多く、心温まりました。
今回は115園から1,949枚もの作品が集まりましたが、審査員3名が全ての作品に目を通し、入賞作品を選考しました。
img_OFFSTAGE-R
label_CEREMONY
以下の日程で表彰式を行います。
入賞・佳作の作品の展示も合わせて行いますので、是非お越しください。
日時 2020年2月29日(土) 14:00~15:30(13:00受付開始)
場所 ベネッセコーポレーション多摩オフィス(受付 2F)
〒206-8686 東京都多摩市落合1-34
アクセス 京王相模原線「京王多摩センター」 徒歩5分
小田急多摩線「小田急多摩センター」 徒歩5分
多摩モノレール「多摩センター」 徒歩6分
*駅直結の遊歩道をご利用いただくと便利です。
入賞されたご家庭、園には表彰式のご案内をお送りしています。ご出席の可否を同封のハガキにて2月10日(月)までにご連絡ください。
お問い合わせ:
電話 
(2020年2月14日まで)
 04-7137-2570 月~金10:00~17:00 ※祝日除く 「ちびっこおえかきコンテスト」事務局
(2020年2月17日~表彰式当日まで)
 0120-916-010 月~金10:00~17:00 ※祝日除く(グッドネーバーズ・ジャパン 音声ガイダンス おえかきコンテスト)

メール event@gnjp.org (担当:飯島)
label_contestList