第7回

Bangladesh

contest_Logo_common
label_report
サンジダちゃんへ絵を届けました
「第七回 親子でチャレンジ国際理解!ちびっこおえかきコンテスト」では、全国の子どもたち1,949人が、DVDに登場するバングラデシュのサンジダちゃんを応援する、優しさあふれる様々な絵を描きました。
グッドネーバーズ・ジャパンはその中から最優秀賞、優秀賞、審査員賞、企業賞、GNJP賞、ベネッセこども基金賞の計10作品と、入賞作品すべてが掲載された「入賞作品集」をサンジダちゃんへ届けました。その様子と、サンジダちゃんの近況をご報告します。

日本の子どもたちから届いた絵を前に、嬉しそうなサンジダちゃん

絵の裏側には翻訳した保護者の方のメッセージを貼り、グッドネーバーズのスタッフが、一枚一枚メッセージを読んで聞かせました。サンジダちゃんもおじいちゃんもとても喜び、日本のお友達からの絵を何度も何度も嬉しそうに見返していました。
サンジダちゃんからみんなへ

絵を受け取ったサンジダちゃんが、お返しに絵とお手紙を描いてくれました。

「日本のおともだちへ

こんにちは。私もおじいちゃんも元気です。みんなも元気だといいな。

みんなの絵を見て、私もおじいちゃんもとっても幸せな気持ちになりました。おじいちゃんは嬉しそうに何度も何度も見ていたよ!みんなに「ありがとう」って届きますように。元気でね!」

サンジダより

サンジダちゃんからの感謝の気持ちがこもった絵

サンジダちゃんの近況
現在、9歳になったサンジダちゃんはグッドネーバーズの支援を受けて、ずっと行きたかった学校に通うことができるようになり、勉強に励んでいます。将来の夢は、先生になっておじいちゃんと天国のお父さんに喜んでもらうことです。身体が不自由なおじいちゃんは、グッドネーバーズの支援で日用品を扱うお店のオーナーになり、安全に収入が得られるようになりました。

勉強を頑張るサンジダちゃん

日用品のお店で収入を得られるようになりました

コンテストに参加してくださった皆様へ
このような変化は、グッドネーバーズの活動を支援してくださる方がいて初めて可能になるものです。
今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、表彰式を開催することができませんでしたが、「テレビや広告で似たような外国の子を見ると、サンジダちゃんと重ねて関心を寄せるようになった」という声もあり、「子どもたちが世界に触れるきっかけをつくる」という本コンテストの目的は、しっかりと子どもたちに届いているようです。
このコンテストをきっかけに、子どもたちが国際理解を深め、将来世界中の人々が笑って生きられる世界の作り手を担ってくれることを願っています。
あらためまして、コンテストにご参加いただきありがとうございました。

大好きなおじいちゃんと仲良く暮らしています

label_contestList