第4回

Nepal

contest_Logo_common
label_report
サディップくんへ絵を届けました
「第四回 親子でチャレンジ国際理解!ちびっこおえかきコンテスト」では、全国の子どもたち1,217人から、DVDに登場するネパールのサディップくんへ、思いのこもった絵が届きました。グッドネーバーズ・ジャパンはその中から上位入賞者の10作品をサディップくんへ届けました。その様子と、サディップくんの近況をご報告します。

最優秀賞いいむら とうやさんの絵

保護者様からの温かいメッセージも一緒に届けました

絵一枚一枚にとても喜んでくれました

絵の裏側には保護者の方からのメッセージも翻訳し、スタッフが一枚ずつ読み聞かせると「海外にたくさんのお友達がいることを知って、とても元気が出ました。」と、日本のお友達からの絵にとても喜んでいました。
サディップくんからみんなへのメッセージ

友達のみんなへ

ナマスカー!(こんにちは)

僕は元気です。みんなも元気だとうれしいです。僕に絵と手紙をおくってくれたことに、ありがとうと言いたいです。どの絵もとても好きです。絵を描いて僕に元気を送ってくれて、本当にありがとうございます。お手紙でも応援してくれてありがとうございます。

僕は毎日学校に通っています。学校で勉強することができて、とてもうれしいです。僕と家族を応援して、愛と幸運を祈ってくれてありがとう。絵は思い出として大切にとっておきます。
僕を幸せな気持ちにしてくれて、本当にありがとう。僕も家族も、とても幸せです。

サディップより

サッカーをしている絵(下)を描いてくれました

日本のお友達に宛てた絵と手紙

サディップくんの近況
現在サディップくんはグッドネーバーズの支援を受けて学校に通っています。学校にたくさん友達がいること、グラウンドでサッカーをするのが好きなことを楽しそうに話してくれました。地震で壊れた家は支援を受けて建て直し、今は丈夫な家で安心して暮らしています。
また家族は収入向上プログラムに参加し、震災前に営んでいた農業を再開することができました。
仮の住まいで生活しながらサディップくんが働いていた頃、祖母は彼の将来を心配し、学校に行かせることができず申し訳なく思う気持ちがのがつのるばかりでした。今は野菜の栽培のため忙しい日々を送っており、収入も安定してきたため「孫の将来のために貯金をしたい」と前向きに仕事に励んでいます。

新しい家と野菜栽培のためのビニールハウス

学校が大好きなサディップくん

コンテストに参加してくださった皆様へ
このような変化は、グッドネーバーズの活動を支援してくれる方がいて初めて可能になるものです。国際協力と一言にいっても、お金や物品の寄付をする、イベントに参加する、ボランティアとしてお手伝いをする、など関わり方は様々です。
途上国にいる子どもたちに思いを寄せ、私達一人ひとりにできることを考える。おえかきコンテストがそのきっかけとなることを願っています。

大好きなおばあちゃんと

label_contestList